新百合ヶ丘の塾・学習塾なら麻生区・多摩区の多摩英数進学教室

新百合ヶ丘の塾・学習塾なら麻生区・多摩区の多摩英数進学教室

多摩英数進学教室

新百合ヶ丘校・中野島校・宿河原校・柿生校・読売ランド校・栗平校・生田校

よくある質問

QA

 

 

Q.集団指導ということですが、1クラスの人数はどれくらいですか?

Q.多摩英数の先生には学生はいますか。

Q.多摩英数にはどのような成績の生徒が通っていますか。

Q.多摩英数は公立高校の指導が中心と聞きますが。

Q.では、私立高校進学の生徒には向かないのでしょうか。

Q.中学受験についてはいかがですか。専門の先生が教えているのですか。

Q.しつけについてはいかがですか。

Q.宿題について、量は? また、やっていかなかった場合の対応は?

Q.授業の進み方は?

Q.授業についていけなくなることがあると思いますが。

Q.体験授業は何回参加できるのか。

Q.他塾を見たいから体験は1回だけ希望したいが。

Q.入会のための成績基準はあるのか。

Q.講習参加は必修か?

Q.授業料以外にかかる経費は何ですか?

Q.通常授業以外の対策授業等は有料ですか?

Q.公立高校に進学予定ですが、小学生から塾へ通わせる必要はありますか?

Q.公立高校は内申が必要ですが、技能教科が苦手なので、公立高校進学はあきらめた方がよいのでしょうか。

 

 

当塾についてのよくある質問

IMG_2121Q.集団指導ということですが、1クラスの人数はどれくらいですか?

A. 学年にもよりますが、多くて20人程度のクラス編成となっています。

 

Q.多摩英数の先生には学生はいますか。

A. テストなどの時間に縛られる学生教師は在籍していません。一人ひとりの教師が責任を持ってお子様を指導させていただいています。

 

Q.多摩英数にはどのような成績の生徒が通っていますか。

A. 多摩英数は集団形式の学習塾ですので、学力が平均よりも高めの生徒さんが比較的多いのは事実です。しかし、学力別クラス編成や、個別フォローを通して、生徒さん一人一人の課題の解決法をご提案し、指導に当たっています。

 

Q.多摩英数は公立高校の指導が中心と聞きますが。

A. はい。多摩英数では公立高校受験に備え、中1から理社を含めた5科目完全指導を行っております。また、内申対策を指導の大きな柱の一つとしており、定期試験対策は充実しています。

 

SONY DSCQ.では、私立高校進学の生徒には向かないのでしょうか。

A. 多摩英数(新百合ヶ丘校・中野島校・栗平校)では、中2・中3の上位クラスは、中学校では扱わない発展的な内容まで授業で取扱い、国公立・私立上位を含めた高校受験に必要な内容を広く扱っております。ただし、在籍されている生徒さんの9割近くが公立高校進学を希望されていますので、その点につきましては、ご家庭のご判断になるかと存じます。

 

Q.中学受験についてはいかがですか。専門の先生が教えているのですか。

A. 中学受験の内容はとても高度です。それを指導する教師も高度の知識を必要とします。多摩英数では、高校受験と中学受験の教師が、それぞれ分かれてはおりませんが、どの教師も中学受験・高校受験の指導の両方を担当することができる教師ですので、どちらのコースについてもご安心いただけるはずです。(中学受験のコースは、新百合ヶ丘校・中野島校に設置しています。)

 

Q.しつけについてはいかがですか。

A. 多摩英数では、学習指導だけでなく、挨拶、姿勢、その他規則の遵守の指導については徹底しています。守れていない場合には厳しく注意も致します。なぜなら、これらの基本行動は、学力の上昇には必要不可欠と考えているからです。また、集団ですので、一定のルールは必要ですから、私たちの指導を守れないことが続きますと、ご通塾そのものを見合わせていただくこともあります。

 

DSC02231Q.宿題について、量は? また、やっていかなかった場合の対応は?

A. 宿題の量は、学年や時期により様々ですが、特にテストが近いなどのことがない通常の時は、小学生は約30分から1時間、中学生は1時間から2時間程度で終わることのできる宿題を出しています。また、宿題をやってこない場合などは、授業後にやって帰らせるなどの対応をすることがありますが、宿題をやらないことが続きますと、生徒を呼び出して厳しく注意することもあります。

 

Q.授業の進み方は?

A. 基本的に学校内容の先取りになります。塾で先に習うことで、学校の授業がよりわかりやすくなるというのが狙いです。学校でたくさん手を上げられるようになったというお声をたくさんいただいています。ただし、中学受験コースについては、学校内容に関係なく進んでまいります。教材は、新演習を使用しています。

 

CIMG2799Q.授業についていけなくなることがあると思いますが。

A. 集団授業ですのであり得ることです。しかし、多摩英数生は、個別フォローの時間を利用していただくことで、再びついていくことができるようになっています。こちらから指名してフォローをすることもありますが、自分から単元を指定してフォローを受けている生徒さんが多くいます。

 

 

体験授業・ご入会についてのよくある質問

Q.体験授業は何回参加できるのか。

A. 同じ月内であれば、最大3週間のご参加が可能です。

 

CIMG7780Q.他塾を見たいから体験は1回だけ希望したいが。

A. 多摩英数は5科目指導を行っており、中1や中2の場合、すべての教科の授業を受けるのに2週間かります。したがって、1度の体験でご入会いただいたのちやはり合わなかった、となりますと申し訳ございませんので、できるだけ複数回の体験をお願いしています。

 

Q.入会のための成績基準はあるのか。

A. 特に明確な基準は設けていません。体験授業参加後、集団塾という性質上、どうしても授業についていけなかった場合に、多摩英数での学習以外のご提案をすることはあり得ます。ただし、様々なご提案をさせていただく中で、ご家庭でのご協力をお願いし、そのままご入会いただくこともあります。

 

講習についてのよくある質問

DSC02348Q.講習参加は必修か?

A. 多摩英数の季節講習は、通常カリキュラムが進行する予習内容の授業です。したがいまして、各季節講習の参加を必修とさせていただいております。ただし、傷病等のやむを得ない場合には、ご相談させていただきますので、予めお申し出ください。

 

 

費用についてのよくある質問

CIMG2800Q.授業料以外にかかる経費は何ですか?

A. 「入会金」、「テスト代」、「教材費」、「生徒サポート費」となります。詳細は、「小学生の授業料」「中学生の授業料」のページをご覧ください。

 

Q.通常授業以外の対策授業等は有料ですか?

A. 定期テスト前に行われる授業日以外の対策授業は無料で実施します。

 

受験についてのよくある質問

CIMG6074Q.公立高校に進学予定ですが、小学生から塾へ通わせる必要はありますか?

A. お子様の学力によるところはありますが、少なくとも、小学生から塾に通っておくことで、選択の幅が広がるのは事実です。中学生は部活動がありますが、勉強と部活の両立は、中学生が学習を進めるうえでは重要な要素となります。小学生の時から塾で勉強し、学習の理解度を高めておくと、時間的にも心理的にも余裕ができ、スムーズに学習を進めることができます。その意味では、小学生からご入会いただくことは、受験では有利になるといえるでしょう。

 

Q.公立高校は内申が必要ですが、技能教科が苦手なので、公立高校進学はあきらめた方がよいのでしょうか。

A. 現在の神奈川県の入試制度では、各高校の募集定員の10%は入試当日の得点と面接にて合否を決定しています。したがって、内申が低いからと言って公立高校合格をあきらめる必要はありません。公立高校の受験科目は5科目ですので、それぞれをまんべんなく学習することで、希望する高校に合格することは可能です。

 

<section class="commonfooter pc">
<div class="contact_main_top clearfix pc">
<div class="link"><a href="/contact/#mail">メールでのお問い合わせはこちらをクリックください。</a></div>
<p class="btn"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://tamaeisu.sakura.ne.jp/cms-tama/wp-content/uploads/btn01_contact_top.png" alt="各校舎のお問い合わせはこちらをクリック" width="470" height="45" /></a></p>
</div>
</section>
<section class="commonfooter sp">
<div class="contact_top_sp clearfix">
<p class="bg_contact_sp"><img src="http://tamaeisu.sakura.ne.jp/cms-tama/wp-content/uploads/bg_contact_top.png" alt="お申し込みはこちらから" /></p>
<p class="fL"><a href="/contact/#mail"><img src="http://tamaeisu.sakura.ne.jp/cms-tama/wp-content/uploads/btn01_contact_top1.png" alt="メールでのお問い合わせはこちら" /></a></p>
<p class="fR"><a href="/contact/"><img src="http://tamaeisu.sakura.ne.jp/cms-tama/wp-content/uploads/btn02_contact_top.png" alt="電話でのお問い合わせはこちら" /></a></p>
</div>
</section>

コンテンツメニュー

高校部

教室一覧

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1丁目17-1
WTCビル2F・4F
044-966-3811

〒214-0012
川崎市多摩区中野島6丁目25-10
アゼリア中野島3F
044-935-1565

〒214-0021
川崎市多摩区宿河原3丁目3-3
メゾンオークラ2F
044-922-9305

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生5丁目39-12
K.S柿生2F
044-986-7551

〒214-0037
川崎市多摩区西生田1丁目8-1
藤和よみうりコープ2F
044-969-6001

〒215-0031
川崎市麻生区栗平2丁目16-1
ブックポート203栗平店2F
044-980-4151

〒214-0038
川崎市多摩区生田7-2-18
新昭ビル2F
044-455-7555

ページトップへ