新百合ヶ丘の塾・学習塾なら麻生区・多摩区の多摩英数進学教室

新百合ヶ丘の塾・学習塾なら麻生区・多摩区の多摩英数進学教室

多摩英数進学教室

新百合ヶ丘校・中野島校・宿河原校・柿生校・読売ランド校・栗平校・生田校

部活を理由に夏休み中も勉強から逃げてやらないのが心配

■部活との両立ができる

 多摩英数進学教室の夏期講習は、夏休み中も毎日のように部活があるという中学生にとって、学習と部活のバランスを取ることができる最適なものとなっています。

 中学3年生では、夏休みも部活動が続く地域の特性を考慮し、部活動の忙しい7月の授業時間は夜の時間に設定しています。7月末の大会終了後より、昼からの授業を実施し、毎日5教科の授業を実施し、本格的な受験勉強をスタートさせます。1日5コマの授業は大変ですが、長時間続く入試に対応するために、長時間持続する集中力を養います。

 中学1・2年生の授業時間は夜の時間になっていますので、部活動と成績アップを両立させることが可能となります。また、部活動が休みであったり、早く終わったりした日には、空き教室や自習スペースを利用し、宿題や小テスト準備などを行うことが可能です。空いた時間を上手く利用することが、効率良く成績をアップさせる秘訣です。

 部活で疲れているからと、自分のペースで学習を進めていくと、学習のペースはゆっくりになってしまいます。定期テスト・高校入試などの日程は変わりませんから、学習のペースが落ちるということは、それらの重要な試験までの学習が不十分な状態になる危険性があります。多摩英数進学教室の夏期講習では、この夏休みにやらなければならない内容を不足なく網羅することができますので、ご安心ください。

 

■集中学習で学力をつける

 約40日間という長期休暇を利用した集中学習による学習効果を目指します。長い夏休みも、うっかりしていると「あっ」という間に過ぎてしまいます。ですから、その過ごし方によっては、大きな差を“つける”こともできますし、“つけられる”こともあります。

 そこで多摩英数進学教室の夏期講習です!多摩英数の夏期講習は、圧倒的な質と量を誇ります。その証拠として、夏期講習での授業時間は、学年によっては2~3か月以上に相当します。夏休みが明けると、学校ではどの学年にとっても重要単元が目白押し!そこで好スタートをきるためにも、夏のしっかりとした学習が絶対に必要ですよね。

 また、各授業で宿題を課し、確実に実力をあげます。塾の授業では、どうしても「聞くこと」が多くなり、受け身の学習になりがちです。場合によっては、自分の頭を使っていなくても“勉強した”・“わかった”気持ちになってしまうかもしれません。しかし、そのような勉強では実力が上がらないことは皆さんも知っていますよね。ですから、宿題を自分で解き、わからない場合はヒントを元に自分で理解しようと考える。この積み重ねで理解が深まり、問題が解けるようになっていきます。もちろん、どうしても分からないときは、どんどん質問に来て下さい。我々はいつでも待っています!

 

<section class="commonfooter pc"> <div class="contact_main_top clearfix pc"> <div class="link"><a href="/contact/#mail">メールでのお問い合わせはこちらをクリックください。</a></div> <p class="btn"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="/wp-content/uploads/btn01_contact_top.png" alt="各校舎のお問い合わせはこちらをクリック" width="470" height="45" /></a></p> </div> </section> <section class="commonfooter sp"> <div class="contact_top_sp clearfix"> <p class="bg_contact_sp"><img src="/wp-content/uploads/bg_contact_top.png" alt="お申し込みはこちらから" /></p> <p class="fL"><a href="/contact/#mail"><img src="/wp-content/uploads/btn01_contact_top1.png" alt="メールでのお問い合わせはこちら" /></a></p> <p class="fR"><a href="/contact/"><img src="/wp-content/uploads/btn02_contact_top.png" alt="電話でのお問い合わせはこちら" /></a></p> </div> </section>

ページトップへ