新百合ヶ丘の塾・学習塾なら麻生区・多摩区の多摩英数進学教室

新百合ヶ丘の塾・学習塾なら麻生区・多摩区の多摩英数進学教室

多摩英数進学教室

新百合ヶ丘校・中野島校・宿河原校・柿生校・読売ランド校・栗平校・生田校

勉強が分からなくなってきていて、学校だけではもう無理かも知れない

■予習カリキュラムで有利に学習を展開

 夏期講習は、9月以降に学校で習う内容を学習する、いわゆる「予習カリキュラム」で授業を行います。7月までの復習がないことに不安を感じられるかもしれませんが、まずは学校で習う前に、塾で一度要点を学び演習を済ませておくことが非常に重要です。これにより、今まであやふやな理解にとどまっていた学校の授業が完全にわかるようになります。授業が分かれば集中度も高まり、また自信を持って挙手をしたり、意見を発表することができるようになります。

 このような取り組みの積み重ねは、定期テストでの成績アップや、内申アップを目指す上では欠かせません。また、学力重視に移行している高校入試に打ち勝つためには、問題演習量の確保が必要不可欠です。先取りで学習を進めることで教科書レベルの学習を一足早く終わらせれば、それだけ問題演習に打ち込む時間を多くとることができます。このように、内申対策の上でも学力養成の上でも、予習型の学習は大きなメリットがあるということができます。

 

■前期末テスト対策 

 中学生のみなさんは夏休みが終わると、すぐに前期末テストが行われます。高校入試において大きなウエイトを占める内申のことを考えると、とても大切な試験にあたるので、決してないがしろにするわけにはいきません。

 多摩英数進学教室の夏期講習では、通常のカリキュラムを消化するだけではありません。麻生区・多摩区において41年にわたり地域密着型の総合進学塾として築きあげてきた実績や蓄積されたノウハウを存分に活かし、夏期講習の最後の授業では、生徒のみなさんが通っている各中学校の出題範囲にあわせて、テスト対策授業を行います。

 「講師による簡潔かつ的確な解説」「テキストを用いた演習」というインプットとアウトプットを繰り返すなかで、自身の弱点をしっかりと把握し、試験当日までどのような勉強をすればよいかを逆算し、効率のよい学習ができるようになっています。

 

<section class="commonfooter pc"> <div class="contact_main_top clearfix pc"> <div class="link"><a href="/contact/#mail">メールでのお問い合わせはこちらをクリックください。</a></div> <p class="btn"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="/wp-content/uploads/btn01_contact_top.png" alt="各校舎のお問い合わせはこちらをクリック" width="470" height="45" /></a></p> </div> </section> <section class="commonfooter sp"> <div class="contact_top_sp clearfix"> <p class="bg_contact_sp"><img src="/wp-content/uploads/bg_contact_top.png" alt="お申し込みはこちらから" /></p> <p class="fL"><a href="/contact/#mail"><img src="/wp-content/uploads/btn01_contact_top1.png" alt="メールでのお問い合わせはこちら" /></a></p> <p class="fR"><a href="/contact/"><img src="/wp-content/uploads/btn02_contact_top.png" alt="電話でのお問い合わせはこちら" /></a></p> </div> </section>

ページトップへ